アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

ウィリアム王子の役目とは?

f:id:tableturning:20170907194152p:plain

これからの時代は王室の在り方も重要になってくるのではないかと予測しています。前回に続いてイギリス王室のウィリアム王子の役目・役割等について紐解いて行きたいと思います。

 

 

ウィリアム王子(1982年6月21日)   

陰占 陽占・十大主星・十二大従星
日柱 月柱 年柱   玉堂星 天庫星
玉堂星  禄存星 司禄星
天極星  調舒星 天貴星
申酉天中殺 身弱

 

ウィリアム王子(1982年6月21日)

キャサリン妃(1982年1月9日生まれ)

日柱 月柱 年柱 日柱 月柱 年柱
申酉天中殺 午未天中殺

 

 

日柱の「乙亥」を自然界に置き換えて感性で観ていくと真夏の湖に清らかな草が見えてくる。その草は太陽の光を浴びて美しい花を咲かせ、慈愛に満ちた愛の波動を地上に注ぎ込む。乙亥は天干乙(木性)地支亥(水性)の冬の草の意味があります。乙亥はの中に甲(木性)壬(水性)があり水の中にありながら生き延びる強さがあります。周囲には太陽・湖・山の真夏の美しい景色になります。特に月干丙は十大主星で 調舒星になり感性に優れた方で人の痛みや悲しみを自分の事の様に感じ、年支の戊は十大主星で司禄星になり人々に献身的に尽くす優しい方です。

 

天干の父親・先祖の場所に玉堂星があり母親の影響力が強い事が分かります。また日支の配偶者の場所も玉堂星があり母親の様な方を望む所もあります。母親の面影を感じさせるキャサリン妃に惹かれて結婚されたのではないかと感じました。キャサリン妃の日柱壬辰とウィリアム王子の年柱壬戌は真反対の関係(納音)天干(比和)一体・地支(対沖)衝突になり強力なエネルギーで惹きつけ合う運命を変える相手でもあり、年柱との納音は今迄の王室の在り方を変える事にもなると思います。

 

ウィリアム王子は大運1997年・15歳から戊申になり大運天中殺になります。戊は十大主星で司禄星になり宿命の年支(母親の場所)も司禄星です。(1997年8月31日の丁丑年・戊申月・乙巳の日にダイアナ妃が事故で亡くなりました。)25歳から己酉の大運天中殺になりますが現象は7年程遅れますので45才まで注意が必要です。大運天中殺は運気が急激に上がる陽転・可もなく不可もない・急激に下がる陰転の場合があります。運気が上がり過ぎても下がり過ぎても大運が切り替わる5年間と大運天中殺が終了する5年間は特に注意が必要です。干合・年の天中殺と大運天中殺の重なり等にも注意が必要です。この期間は精神性を大事にする事で難を逃れます。奉仕活動等も良い事です。

 

2017年35歳から大運庚戌が切り替わりと日干が干合になり日干の虚気に変化した様な現象になります。十大主星で実気牽牛星・虚気石門星になります。天中殺が明けた来年から大きな役目を担う始まりの時になります。ダイアナ妃の意思を受け継いで慈善活動・平和を守る為に与えられた役目を確実に果たして行かれると予測しています。

 

☆十大主星の簡単な説明

司禄星は狭くて深い愛の意味があり、家庭を大事にします。星が陽転して輝くと身だしなみに気を使い、片付け・掃除上手になり無駄遣いがなくなり小さな蓄積(財)が長い年月を掛けて大きな蓄積(財)になります。陰転すると掃除や片付けが苦手になり無駄使いや外の遊びが多くなり家庭の事が疎かになります。陽転すると車騎星(家族を守る為)的な生き方になります。

 

調舒星は星が輝くと感性に優れ芸術関係等で才能を発揮しますが、敏感に人の気を感じとる為、人間関係に疲れやすい所があります。また食の意味もあり星が輝くと男女共も料理上手で食材にも拘る絶品料理で魅了します。陰転すると寂しがりやで人の好き嫌いが極端になったり色欲に流され易くなりますので注意が必要です。 陽転して星が輝くと孤独に強くなり情に流されず人の好き嫌いもなくなり寛容になり禄存星(奉仕)的な生き方になります。