アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

干合の注意点

f:id:tableturning:20170716124556p:plain

当ブログにお越しくださり有難うございます。他の事で忙しくなりブログの方が疎かになっています。簡単鑑定は暫くお休みさせて頂きたいと思いますご容赦下さい。

自然への感謝の気持ちを忘れずに怠ることなく勉強を深め精進して参りたいと思っています。今回は政治家の方の生年月日を例題に騒動の真相を紐解きたいと思います。

豊田真由子議員(1974年10月10日)   
陰占 陽占・十大主星・十二大従星
日柱 月柱 年柱    貫索星 天禄星
禄存星 牽牛星 禄存星
天馳星  貫索星 天印星
午未天中殺 身強     

 

 

 

 エネルギー数
干支 六親法 十二親干法
72 本人 父方祖母
 0    
 18 子供 母方祖父
15  子供
54   夫・父方祖父
 0    
 20    
 25   母方祖母
 23  
 0    
合計 227  

 

宿命全ての干支のエネルギーを計算して心の強弱・体力等を観ると合計227になりますので無理なく社会・組織で活躍出来る平均的な数値です。(最高400以上~最低100以下)

 

六親法は正統の先祖・子孫等の縁を観る技法です。 正式な干がない場合は陰陽の干を使います。六親法で観るとお子さんの縁が深かく先祖の縁は順当ではないので縁の深さは薄まります。

 

自然界に置き換えて感性で観ると冬支度を迎えた森林は樹木達の色鮮やかな枯葉が舞い散り寂しさと冷たさが強まる中で樹木達は激しく戦います。この景色から幼い頃から競争の毎日で遊ぶ時間も惜しんで限界を超える程の努力を続け頑張ってこられた方の様に感じました。

補足

日柱甲申は初秋の樹木で秋の土用月生まれで更に金気が強く立場が弱い樹木ですが、地支の申の中には戊・壬・庚があり戊→庚→壬と相生になり弱い立場の甲をなんとか助けます。また年支の寅の中には甲があり根が張れる環境ではありますが、天干は全て甲では季節の衝突になり競争社会で気の抜けない無理をしがちな人生になります。

大運21歳辛未・大運31歳庚午は大運天中殺になり、2015年に大運己巳に切り替わり宿命の甲と大運の己が干合になります。2015年は乙未の天中殺の為、虚気の重なりで心の不安定さが更に増し感情の起伏を更に大きくします。

 

干合とは甲(木性・陽)の天の気と己(土性・陰)の地の気がこの世で出会い(天と地の一体)新たな気土性を発生する事になる。甲は戊の虚気に変身するが己は変化しない。

 

※日干甲と己の干合で土性の虚気が加わり甲申が戊申に変身したかの様になり虚気に騙され迷いの道に入ってしまう場合もあります。

 

虚気・陰占 虚気・陽占・十大主星・十二大従星
日柱 月柱 年柱    貫索星

天貴星

貫索星  調舒星  貫索星
天胡星   貫索星 天庫星
    

 

天中殺が明けても虚気の影響で不安定状態が続きますが、身近な方が気づいて助けがあれば今回の様な騒動を免れたのですが・・・この方にとってはこの様な厳しい試練が必要だったのかも知れません。優れた能力をお持ちの方なので過去の行いを心から反省し元気を取り戻して立ち直って頂きたいと思います。