アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

ジャニーズ事務所に残る木村さん・仲居さん二人の今後は?

f:id:tableturning:20170623095241p:plain

SMAP稲垣さん・草彅さん・香取さんの三人が9月でジャニーズ事務所を離れ木村さん仲居さんが契約を続ける事になりました。今回は事務所に残る事になった二人の今後を自然界に置き換えて紐解きます。

 

 

仲居正弘(1972年8月18日生まれ)

木村拓哉(1972年11月113日生まれ)

日柱 月柱 年柱 日柱 月柱 年柱
申酉天中殺・生月天中殺 寅卯天中殺

 

仲居さんを自然界に置き換えて感性で観ると、激しく波打つ荒れる海と山岳が見えてくる。夏が終わり秋を迎えた山の底には熱気に喘ぐ宝玉があり泥を洗う水を喜ぶ。この景色からどんなに過酷な環境でも負けない強さを持った方で、状況が急変しても優れた感性を持ち的確な判断が出来る方です。

 

補足

辛巳の巳の中には戊・庚・丙の性質があり戊は十大主星で母親の意味になり、庚は仲間の意味になり、は六親法でになり十大主星では名誉名声の意味にもなります。気品と美しさを兼ね備えた位の高い干支です。地支の支えが火性で剋され苦しさもありますが、巳の中のは妻になりは助かります。火性であっても助けられる?癸巳に似た複雑な干支です。水性が多い宿命ですが仕事で活躍出来る強さがあり発展性もあります。37歳から十年間大運壬子が回り気苦労は多くなりますが、仕事関係や人間関係の再構築の期間になります。47歳から癸丑が回り安定した人生になり好きな事を楽しむ生き方に変わります。

 

※丙(火性、陽)の天の気と辛(金性、陰)の地の気がこの世で出会い(天と地の一体)新たな気(水性)を発生する事になる。

山に埋もれた宝玉を(戊・土性)水性(真水を喜ぶ)が引き上げ洗い磨き、美しさを更に引き立て照らす宝玉を傷つけない優しい火性が必要です。

 

 

木村さんを自然界に置き換えて感性で観ると、寒さに荒れる海と強靭な山岳が見えてきます。鉱山資源が豊富な山は人々を惹きつけますが、寒さが厳しく誰一人近づく事が出来ません。この景色から人を惹きつける魅力を持った方ですが、慎重で用心深く厳しさを持った方である事が分かります。

 

補足

日柱戊申の申は金性で戊と相性関係(穏やか)になり申の中には戊→庚→壬があり鉱物資源が豊かな山岳である事が分かります。岩石が支えの山は強靭に見えますが、草木が茂る山よりも崩落の危険性があり脆いところもあります。例題の場合は寒さの強まる季節でもあり支えの申・亥・子に共通の水性があり更に寒さが強まります。38歳から大運乙卯が回り木性が山崩れを防ぎます。大運天中殺である為、神がかり的な強運が続く方もいますが、大運が終わる5年間は急激に運気が下がる場合があります。終わりの5年間は無理をせず欲望を捨て精神性を大切にした生き方で難を逃れます。48歳から大運丙辰になりと月干が水性を生じる事になりには共通の水性があり水が更に多くなり注意が必要です。