アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

上野動物園ジャイアントパンダ赤ちゃん誕生!

f:id:tableturning:20170616170206j:plain

暗いニュースが多い中、上野動物園にパンダの赤ちゃん誕生は、鈍よりとした曇り空の東京を明るくしました。上野動物園関係者・飼育員の方等、大変なご苦労があると思いますが、今度こそ無事に育ってほしいと願っています。

今回はパンダの赤ちゃんの生年月日から育て方等を観たいと思います。

         

2017年6月12日生まれ

日柱 月柱 年柱

戌亥天中殺

 

パンダの赤ちゃんを自然界に置き換えて感性で観ると、真夏の太陽の光を浴びて地熱のある砂利に立派な岩石があります。炎はさらに岩石を鍛え見事な姿に変えようとしています。この景色からパンダの赤ちゃんは大きな役目を背負って生れた事が分かります。成長と共に益々人々の人気を集め、世の中の暗い空気を明るい空気に変えて元気にします。

補足

日柱庚午の午の中には、己・丁があり岩石を加工する為の支えがある事が分かります。加工する為の炎と火力調整の土性(丁→己→庚と相性関係)がある事で理想的な形に仕上げる事が出来ます。名誉名声を得やすい干支です。例題の場合は、火性が多い宿命ですので火性を調整する土性が必要です。土性は六親法で母親になります。母親(シンシン)と飼育に携わっている方々の育て方(愛情・躾け)が重要になります。