アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

再婚相手の縁とは?

f:id:tableturning:20170527123017j:plain

感性に重きを置いて毎日の自然観察の中で暑さ寒さを肌で感じ取り自然と一体になり敏感に自然の気(エネルギー)を感じ取る技法は難しくいまだに立ち止まっている状態ですが、自然は生命を生み出す先祖でもありますから、生年月日を自然界に置き換えて観る技法を疎かにせず納得いくまで勉強したいと思っています。

 最近観た心に深く残った映画がありました。題名はライアの祈りです。縄文時代の事等が織り込まれた再婚に悩みを抱えた女性が主人公です。縄文時代が何故1万年以上も続いたのか?人として一番大切な事は何か?結婚の意味は何か等、色々考えさせられた映画でした。今回は再婚される芸能界の方を例題に、再婚相手のご縁等を自然界に置き換えて紐解きます。

 

陣内智則さん(1974年2月22日生まれ) 松村未央さん(1986年6月29日生まれ)
日柱 月柱 年柱 日柱 月柱 年柱
辰巳天中殺 寅卯天中殺

 

 陣内さんを自然界に置き換えて感性で観ると、寒さが続いた冬から開放され待ちかねた春をやっと迎えて樹木が太陽の光を味方につけて、勢い良く伸びて行こうとしている景色が見えてきます。地熱のある地面に苦しさもありますが他の樹木達よりも我先にと急ぎます。この景色から陣内さんは、どんな過酷な環境に置かれても負けない強さを持った方で競争社会やライバルが多い方が運気が上がり実力を発揮出来る方である事が分かります。

補足

日柱甲午の午の中には己(土性)・丁(火性)があり甲にとって六親法で己は配偶者になりますが、炎がある為一体になれない苦しさがあります。この事から妻に寄り添い気持ちを通わそうとしても、炎に燃やされる危険がある為寄り添えない苦しみを抱えた干支である事が分かります。男性の場合(丁)は色欲の意味にもなります。陣内さんの場合は月支・年支の寅の中に戊(女性)があり女性のご縁の多い方なので家庭を壊さない様に注意が必要です。

※女性の場合は(丁)子供の意味になります。家族を大切にする生き方で円満な家庭を築けます。

 

お相手の未央さんを自然界に置き換えて感性で観ると真夏の大地に立派に成長した樹木が見えてきます。気品と風格を兼ね備えたその樹木は他の樹木が雨風に騒いでも、何事もなかった様に動じず毅然としています。この景色から未央さんは恵まれた環境ですくすくと育ち社会で活躍出来る実力を身につけた心の強い方である事が分かります。

 

補足

甲辰の辰の中には乙(木性)癸(水性)戊(土性)と樹木を育てる為の必要な性質を持っている事から完成された樹木の意味があります。男性の場合はどの様な分野に進んでも社会的に活躍出来る場合が多いのですが、女性の場合は限られた範囲での活躍になりその事が、苦労の多い人生になり易い意味がありました。昔とは違い現在は女性が男性と同等の教養を身につけ社会で活躍出来る時代になりましたので、男性と同じ様に観ています。

 

お二人の相性を自然界から感性で観ると樹木同士の結婚ですが、未央さんは立派に成長した樹木ですから、些細な事に動じず前を進んで行く方なので相性としては良いと思います。樹木同士でお互いの気持ちが分かり合えるので大人の未央さんは陣内さんにとっては有り難い存在になるのではないでしょうか?二人の深い縁は見えない干支が教えてくれます。みんな繋がっている自然も人も・・・

 

 

 

 

藤原紀香さん(1971年6月28日生まれ) 片岡愛之助さん(1972年3月4日生まれ)
日柱 月柱 年柱 日柱 月柱 年柱
午未天中殺 辰巳天中殺