読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルカナ | 算命学ブログ

算命学という中国で発祥した干支暦をもとに人の運命を占う中国占星術を勉強しているブログです。

辛酉の才能と能力を発揮出来る方法とは

f:id:tableturning:20170323163312j:plain

前回は、丙戌の方の才能、能力の発揮方法を書きましたが今回は銀と金のドラマの原作

者、福本伸行さんの生年月日を例題にして辛酉才能、能力の発揮方法をご説明したい

と思います。

 

福本伸行さん 1958年12月10生まれ

生年月日を陰陽五行の干支に置き換えて観ていきます。

日柱月柱年柱

 

自然界に置き換えて、感性で景色を観ると息も凍るほどの寒さの険しい山々が観えて来ます。険しい山の奥底には、微かに光る石が眠っています。

 

価値のある石なのか?

価値のない石なのか?

分かりません?

その石が価値のあるものであれば 計り知れない程の財力を手にするかも知れませんが世に出る事もなく土の中で眠っています。

この景色から福本さんは

生きる意味とは

生きる事の価値観とは何か

人間の欲望の先に何があるのか

善と悪とは何かを追求し漫画を通して人々に問い掛け眠っていた人々の目を覚まさせてくれます。

福本さんは、自分の役目に気がつき、埋もれた地の底から自力で這い出し宝玉を見事に光り輝かせた人物だと思いました。

 

 補足

日柱辛酉は天干(金性)地支(金性)は完成された美しい姿である事から宝玉の意味があります。位の高い干支(次元の高い人)です。

宿命を観ると、土性が多い様に感じます。土から引き上げて宝玉を輝かせる為には、宝玉の泥を落す為に水性(伝達)が必要である事と宝玉の存在感を出す為には(暗闇の中では見えない)宝玉の美しさをさらに引き立て照らす宝玉を傷つけない弱い火性(攻撃)が必要になってきます。

 

人間としての生き方は行動力前進力を身につける事と、伝達本能を身につける生き方が自分が持っている才能・能力を発揮出来る事に繋がるのではないかと思います。

 

※伝達本能

 伝達(陽)の場合は直接多くの人に伝えて行く方法

 伝達(陰)の場合は芸術、文章等で伝えて行く方法